えびぽじブログ

不健康から逃げている私の健康を語るブログ

好きな音楽から|フロイト心理学 反抗期は必要です

こんにちは(*'▽')えびぽじです

 

最近はまって聞いているのが「ヨルシカ」というバンドの音楽です。

ヨルシカの歌詞はn-buna(ナブナ)さんが全て
書いています。

 

絶望感や苦しさ、この世を生きることに一生懸命な歌詞が心に入ってきます。

そして、素直で透き通るようなsuisさんの声。。。💛

どの曲を聞いても良きです。

 

この先、売れるバンドだと思っています。

 

 

2019.4.10に発売されたフルアルバム「僕は音楽を辞めた」

 

神曲多し💛

 

https://www.instagram.com/p/BxZX47fFNDe/

 

 

 「僕は音楽を辞めた」一度聞いたらクセになる♪↓↓

 

 

 

ヨルシカ

 

 

そのヨルシカのアルバムの1曲に

 

”ヒッチコック”という曲があります。

 

2番の歌詞に

 

「先生、どうでもいいんですよ。
生きてるだけで痛いんですよ。
ニーチェもフロイトもこの穴の埋め方は書かないんだ」

 

というところがあります。

 

「ニーチェ」と「フロイト」という人物がでてきます。

 

最近フロイトの心理学を勉強したので、

 

この「フロイト」という人物について書いていきます。

 

” ヒッチコックが”収録されているアルバム「負け犬にアンコールはいらない」も神曲多し♡

 

 

 

 フロイトの心理学

 

 

心理学ではなくてはならない存在のオーストラリアのジームクント・フロイト

 

(1856~1939) 83歳の生涯でした。

精神分析の父ともよばれています。

フロイトの最大の功績は「無意識」です。

”無意識に食べてしまう”とか”無意識にカギを閉める”とかそういうものよりもっと深いもの。

フロイトの無意識は氷山をイメージして説明されます。

 

人間の意識は

 

「意識」「前意識」「無意識」の3層から成っているとしました。

 

意識普段私たちが認識できている意識の部分のこと

 

前意識日常的には無意識の世界に入り込んでいる単に忘れてしまっているだけで簡単に意識化できるもの

 

無意識自分では意識することの出来ない部分

 

フロイトが考えた「構造論」

 

フロイトは人間の精神構造は

 

イド(id / Es)」

 

自我(ego / Ich)」


超自我(super-ego / Uber-ich)」

 

の3つの層から成っていると考えました。



「イド(エス)」は

本能のままに”あれがしたい” ”これがしたい”という快楽原理に従って動く部分

 

「超自我」は

常に道徳的で良心とよばれる部分。小さな頃より親や周りの人間から叱られたり、ほめられたりしたことで蓄えたものに従い行動する

 

「自我」は

上記2つの調整役としての部分。欲望のままに快楽を求めようとする「イド」の部分とひたすら道徳的に行動しようとする「超自我」をコントロールし、現実世界で適応しようとする部分

 

 

人の心理

 

世の中には様々な人がいてます。

 

小さいころの成長の過程はとても大切です。

 

育てられた環境によっては、その無意識で行っていることが間違っている場合があります。

 

虐待を受けて育った子供は虐待が当たり前になってしまっていて間違っていることに気づきません。

 

最近の学校ではSOSカウンセラーを設けていて、その被害を防ぐことを行っていますが、ニュースでは悲劇が繰り返されています。

 

自分の意志を表明できない無知な子供を傷つけないでください。

 

必死で耐えていると思ったら悲しいです。。。

 

暴力で押さえるのはダメです。

 

言葉で押さえつけるのも暴力と同じです。

 

いまや、動物を叩くのも許されないことです。

 

何が正解で何が間違っているのかわからない育児ですが暴力だけはだめだと思います。

 

 

 

 

そして

 人間なので誰にも好きな人、嫌い(苦手)な人がいるはずです。

 

嫌いな誰かを殺したいという欲求があるとして、道徳的な考えの「超自我」は、

 

”殺したいという欲求は犯罪である”

 

”人を殺してはいけない”

 

と強く押さえようとします。

 

でも押さえつけてばかりいては、社会に適応できなくなります

 

そこを「自我」でうまく調整して生活します

 

 

 

自我は本当に大事です。

 

「2歳児のイヤイヤ期」も

 

「小学生や中学生の反抗期」も

 

ちゃんと「自我」がめばえてる証拠です。

 

正常な心です。

 

うまく押さえつけないようにして見過ごしながら大きな心でみてあげてください。

 

 

人という心理の部分で大切な理論を研究してくれたフロイトは素晴らしい人です。

 

好きなモノを買ったり

好きな事をしたり自分の感情をコントロールしながら日々をお過ごしください。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。