えびぽじブログ

不健康から逃げている私の健康を語るブログ

今を生きるということ 人生は2択 |生かしてもらえるなら生きる

こんにちは(*'▽')えびぽじです

 

昨日、おばあちゃんに会いに病院に行ってきました。

 

98歳になって、初めて大きい病気になりました。

 

 

f:id:ebipozi:20190616094403j:plain

 

 

高齢なので手術するには体力がいり

麻酔もかかるかわからない

術後は生きれるかわからない

 

でも手術をしないと3カ月の命です。

 

 

f:id:ebipozi:20190616094419j:plain

 

おばあちゃん子の私

 

私は小さい頃からおばあちゃん子でした。

母が里帰り出産をしたので、おばあちゃんの家で大きくなりました。

 

おばあちゃんのやること、おばあちゃんの言葉、おばあちゃんの手料理は今でも覚えています。

 

おばあちゃんちには、裏庭には井戸がありおじいちゃんがウリとかビワとか色々育てていて、古いけど迷路みたいで遊びに行ったら楽しかった記憶ばかりです。

 

おばあちゃんと生まれた頃の私↓↓

 

f:id:ebipozi:20190616102646j:plain

 

大正生まれで、戦後の日本を生きてきた人です。

1円たりとも無駄にはしない。

70歳まで働いていました。

 

そのあとも97歳まで編み物をして内職をしていました。

なので、手先は器用でボケも一切無く、記憶が私より鮮明です。

 

おばあちゃんがここ数日で描いた

ラプンツェルとベルのなぞり絵です。

 

老眼鏡無しでこの仕上がりです♪

めっちゃうまい↓↓

 

f:id:ebipozi:20190616094437j:plain

 

生命力は財産

 

死ねば財産も高級アクセサリーも服も何もかも無くなる。

 

おばあちゃんはここまで生きてこれた体と手先が使える今に感謝していると。

 

病気をせずにこれた98年間は「財産」だと言っていました。

 

 

おばあちゃんは人生は何事にも「はい」か「いいえ」しかないと言います。

 

やるか、やめるか

 

全て自分の判断で人生は決まる。

 

正解不正解がわからない。

 

おばあちゃんは手術を「する」という選択をして「生きる」ことを選びました。

 

 

その後は安らかにいけるものならいきたいし、生かしてもらえるなら生きる。

 

おばあちゃんの前向きさと、その生命力に刺激されて帰ってきました。

 

今を生きるということ

 

 1970年頃から現代病といわれる病気が多くなってきました。

 

過去にはなかった現代の生活習慣や環境などに起因する様々な病気です。

 

戦後、生活は多くの食品添加物を生み出してきました。

 

今後、人体に与える影響は厚生省が認めていても誰にもわからないらしいです。

 

コンビニが増え、冷凍食品や添加物など、体に影響するものを口にする回数が増えてきました。

 

特にピンクの発色剤”亜鉛ナトリウム”は、ガンになる可能性が高いといわれています。

 

ハム、ソーセージ、たらこ製品によく含まれています。

 

 

見た目を鮮やかにさす着色料は危険が潜んでいます。大量摂取は避けた方がいいです。

 

 

 

昨日、おばあちゃんは「生かしてもらえるなら生きる」と言いました。

 

 私たちは生きているんではなく、生かされてる。

 

あえてこの令和の時代を生きていることにも理由があるような気がします。

 

生きるという選択肢の上に居るから今を精一杯生きなければ。。。と思いました。

 

 

おばあちゃんは前向きに過ごしています。

 

もう少し一緒に居れる時間があるなら1分でも長く一緒に居たいです。

 

おばあちゃんの生命力を信じ100歳のお祝いができるのを待ちたいと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。